嗚呼、痛風よ‼️ 高血圧よ....

痛風や高血圧と仲良く戦います🎵

ポスト・フェブリクか?帝人ファーマが地域密着型ヘルスケア事業へ。。

 
 
いよいよ迫る
フェブリク」の特許切れ  💥





帝人ファーマが
地域包括ケアの分野で事業の拡大を進めるのは、
という事情もあります。


フェブリクの19年度の売上高は386億円で、
帝人のヘルスケア事業(19年度は1539億円)
の 4分の1を稼ぐ最主力品。


同薬の特許切れにより、
ヘルスケア事業の既存ビジネスは
大幅な縮小が見込まれ、
同薬に代わる新たな収益減の確保が
急務となっています。


フェブリク(7)
ロキソニン(1)
新型糖尿病治療薬(1)
FYU-981(1)
フェノフィブラート(1)
アンペロプシン(1)
コルヒチン(1)
SGLT2阻害薬(2)
ドチヌラド(1)
ベンズブロマロン(1)
薬価改定(1)
FDA(1)
アビガン(1)
痛風と新型コロナ(2)
新型コロナウイルス ( COVID-19 )(1)
マイケル・ムーア監督・作品集(1)
Sicko(1)
華氏911(1)
 


帝人ファーマは22年度までに、

骨粗鬆症治療薬「ITM-058」
(アバロパラチド酢酸塩、20年5月申請)と

A型ボツリヌス毒素製剤「NT-201」
「ゼオマイン」の製品名で20年6月承認)

の2新薬を発売する見込み。



帝人の見通しでは、
これらの新薬でフェブリクの落ち込みを補いながら、
地域包括ケアなどの新規事業で
収益を拡大させていく絵を描いています。


製薬各社が地域包括ケアへの対応を模索する中、
「医薬品+在宅医療」という
ユニークな事業基盤を生かした展開を進める。


公的医療保険外のサービスも視野に、
新事業の創出を狙います。

最近の記事


3サニー.png



医療介護支援会社と提携、
地域包括ケアで事業創出




帝人は4日、
医療機関での入退院調整業務の
支援事業などを手掛ける 3Sunny
(スリーサニー、東京都墨田区)に出資し、
資本・業務提携を行うと発表した。


今回の提携は、
在宅医療事業を展開する帝人が、
病院から退院する段階に患者との接点をもつことで
地域包括ケア関連サービスの
新たな市場を創造することを目的としている。



バイタルリング.png



帝人は、
医薬品や在宅医療などで培った強みを生かし、
地域密着型の総合ヘルスケアサービス事業の構築を推進。


そして、
ヘルスケア事業の中核会社である帝人ファーマでは、
多職種連携システム「バイタルリンク」や訪問看護など、
地域包括ケアシステム関連の事業を展開している。




一方、スリーサニーは、
医療機関向けの入退院調整業務を
支援するサービス 「CAREBOOK(ケアック)」や、
高齢者向けの介護施設紹介サービスなどを提供し、
医療と介護をつなぐ仕組み作りに強みをもつ。


両社は今後、
それぞれの地域包括ケアシステム関連の
サービスやノウハウを融合することにより、
患者の負担軽減や医療関係者の業務効率化の実現、
および
医療、介護、在宅医療のスムーズな連携に貢献する
新たな地域包括ケアシステム関連事業の創出を図る。




ケアブック」.png




具体的な融合策としては、
病院間での利用が中心である「ケアブック」の
在宅医療事業者への展開促進や、
それを「バイタルリンク」と連携させることによる
サービスの拡充策などを検討する。


帝人はスリーサニーとの業務提携を、
地域包括ケアシステム関連の新事業創出につなげ、
少子高齢化・健康志向ソリューション」の提供を通じて、
長期ビジョンである「未来の社会を支える会社」
を目指していく。

話題のフライデー記事を斬る 💢 ⚔️ 👊





フェブキソスタットは
アロプリノールと比較して
死亡リスクを高めるとか…
ですが、


あくまでも
アロプリノール服用群との比較です!?



( これ超~乱暴な単純比較ですけど… )



米国人や日本人が使用した場合
どうなるかぁ~

等が述べられているわけでも

何もありませんよね!






ザイロリック サロベール>

・アロプリノール製剤

本剤の服用中に痛風が悪化した場合はコルヒチンなどを併用する









・フェブキソスタット製剤


軽度~中等度の腎機能障害があっても、

通常用量での使用が可能とされている


服用方法

通常、1日1回、服用する


本剤の服用中に痛風発作がおこった場合の注意


医師に指示された用量で服用を継続する

症状に応じて、コルヒチンなどを併用する

がん化学療法に伴う高尿酸血症などへ使う場合もある










人々の寿命が延び、

社会が高齢化していくにつれて、

認知症が社会問題となっている。



認知症のタイプの中で最も多いとされているのが、







その臨床試験を中国で行う計画が進んでいる。